お問い合わせ

Motニュース

2016年10月18日

省エネ改修減税 (投資型減税)

自己資金もしくはローンを使って省エネ改修工事を行った場合、所得税特別控除および固定資産税減額が適用されます。所得税特別控除の対象限度額は、省エネ改修のみの場合250万円、太陽光発電設備設置時は350万円となり適用期限は平成31年6月30日です。固定資産税の減額期間は1年度分(工事完了の翌年度)で、固定資産税額の1/3が減額されます。適用期限は平成30年3月31日まで。