お問い合わせ

Motニュース

2016年10月18日

同居対応改修の所得税減税 (投資型減税)

三世代同居に対応した改修工事を行った場合、工事費の10%(上限250万円)が所得税控除の対象額となります。耐震改修工事、省エネ改修工事及びバリアフリー改修工事を併せて行った場合は、上限が950万円。太陽光発電設備設置を併せて行った場合は100万円加算されます。控除期間は1年間です。適用期限は平成31年6月30日です。