お問い合わせ

Motニュース

2016年02月13日

荒木光子さん

筑豊のひと vol.1
荒木光子さん

1人目のご紹介は荒木光子さんです。
福岡県田川市の添田木材会長である荒木さんは
これからの林業を考え、木材を活用するの活動など、
地域の産業を活性化するための活動を行っています。

01

『木育(もくいく)』という言葉をキーワードとして、さまざまな活動を行っています。
その中でも「木育(もくいく)」は特に力を入れられており、
筑豊地区女性林業研究グループでは
間伐材で作ったミニ将棋『もりのきしょうぎ』が、嘉麻市商工会と企画し商品化され、
子どもたちに身近なものを通じて木や林業の大切さを伝える活動を行っています。

02

そのほか、筑豊地区木材協同組合の有志でつくる、
たんと筑豊型住宅ネットワークでの活動は
さまざま木のイベントを通して子どもたちにたくさんの
木と触れ、体験する機会を作っておられます。

03

04

もともと主婦だったので『家庭』を中心に考え
「暮らしやすさ」とか「家族の関わり」そういったことを
ずっと大切にした製材や家づくりを考えて歩んできたので、
木育のような活動もしっくりきたとのこと。

これからも女性ならではの視点とアイディアで、
地域、教育、環境、木材の未来をつないでいかれる事でしょう。

荒木光子さんプロフィール

1946年福岡県田川郡赤村生まれ。
添田木材会長
現筑豊地区木材協同組合理事長
筑豊地女性林業グループ会長